「現役医学部生の大学受験勉強法+センター試験勉強法」というマニュアル

「現役医学部生の大学受験勉強法+センター試験勉強法 」という大学受験用の学習マニュアルがあります。

これは、偏差値が40台という超落ちこぼれの生徒が、独学で勉強法を見つけ出し、その結果、偏差値70台までアップさせ、自治医科大学に合格したという実体験に基づいた効率的勉強法です。
著者は、大平俊介さん。現役の医大生です。

大学受験の概要

大学受験は、大学への入学を希望する人を対象とした試験に挑戦することを指します。大学には、一般的な大学の他に大学校や短期大学も含まれます。大学受験に挑戦するには、条件が課されています。
その1つが、大学に入学する予定年の4月1日時点で、18歳以上であることです。ただし、飛び級をした人はこの条件には含まれません。
大学によっては、大学受験をする場合に個別認証を実施していることもあります。認証の内容としては、高等専門学校の第3学年の修了者あるいは修了見込み者、中等教育学校もしくは高等学校の卒業者か卒業見込み者であるかなどです。

大学受験のための家庭教師選び

大学受験は独学でも取り組むことができますが、より効率良く学習を進めるために、家庭教師に依頼するのもいい方法と言えるでしょう。より合格に近づくためには、依頼する家庭教師も慎重に選ぶ必要があります。大学受験を成功させるために、ポイントを押さえた上で、しっかり選ぶようにしましょう。
大学受験のために家庭教師を探すなら、プロに依頼することをおすすめします。知人などに依頼する人も多いですが、うまく効果が上がらないこともあるので、注意が必要です。
家庭教師は基本的にマンツーマンの授業となるので、相性が悪い場合はうまくいかないことがあります。

大学受験のための学習塾

大学受験を成功させるために、学習塾へ通うことを検討している人は多いでしょう。最近では様々な学習塾がありますが、その中から大学受験を有利にできるようなところを選ぶ必要があります。
ただし、学習塾は数多くあるものの、大学受験のためのカリキュラムがある塾はそれほど多くありません。
高校受験はたいていの場合、近所の学習塾に行っていれば問題ありませんでした。また、個人塾であっても、問題なく受験のための準備ができました。
ですが、大学受験の場合は、受験校は全国に存在します。そのため、地元の学校だけに強いというだけでなく、志望する大学合格に向けた対策がとれる学習塾を選択する必要があるのです。

大学受験 国立編

大学受験において、まずはじめに明確にすべきことは、国立大学と私立大学のどちらを目指すのかということです。国立と私立では受験方法や対策が大きく異なるため、それぞれに合った方法を選択する必要があるのです。
人によっては、どちらか一方を選択する場合もあれば、両方に挑戦する場合もあるでしょう。今回は、国立大学を目指すケースを見ていきましょう。
大学受験で国立を選ぶ場合は、センター試験の受験が義務づけられています。センター試験では、5教科7科目を受ける場合が多いようです。
そのため、国立大学を目指す場合、すべての科目について学習を進めていくことになります。

大学受験 推薦入試編

大学受験に向けて、まずは推薦入試と一般入試のどちらの方法を選択するかは、とても重要なことです。推薦入試での合格を目指す場合、一般入試とは異なる受験対策が必要となります。どちらの方法を選択するかを決めたら、それに合った受験勉強をしていくようにしましょう。
大学受験における推薦入試には、2つのタイプがあります。1つは公募制の推薦で、様々な大学がこの制度を取り入れています。出願には条件が課せられていますが、それをクリアできていれば挑戦することができます。

大学受験に成功しなかったら

大学受験の最終目標は、もちろん志望の大学に合格することです。ですが、志望大学や滑り止めにも合格できない場合もあります。
その場合は、就職するか1年勉強して再度大学受験に臨むか、考える必要が出てくるでしょう。もう1度大学受験に挑戦する人は、浪人生を呼ばれます。
この浪人生は意外と多く、大学受験に新たに挑戦する人よりも、浪人生の方が多くいるとも言われています。浪人生の中には独学で受験対策を行う人もいますが、一般的には大学受験予備校で勉強する人が多いでしょう。

大学受験に向けて

大学受験には様々な方法があるので、どれを選択するかは考えておく必要があります。一般入試を選んだ場合、私立大学の各試験、センター試験や国公立大学の前期試験・後期試験など、いくつかの方法から選択することになります。AO入試や推薦入試を選ぶ場合は、一般入試とは違った経過を辿ることになるでしょう。
高校受験と比べて大学受験は、受験科目も複雑化しています。英語・数学・国語・理科・社会の5科目を受験することもあれば、英語・数学・国語の3科目で済むこともあります。

大学受験で知っておきたいこと

大学受験は、中学受験や高校受験に比べて、方法やシステムが複雑となっています。そのため、大学受験にあたっては、あらかじめ詳細を理解しておくことが大切です。
まず前提となるのが、大学受験は大学に入学するための手段ということです。当然ながら、大学受験がうまくいかなければ大学へ進学することはできません。
大学受験には一般入試以外にも、AO入試や推薦入試などの方法があります。一般入試では試験を受けて、その結果によって合格できるかどうかが決定されます。

大学受験での滑り止めの重要性

大学受験にあたっては、目標とする大学を明確にさせておく必要があります。はっきりとした目標があると、大学受験へのモチベーションを維持しやすく、合格に近づきやすくなるのです。
ですが、計画的に目標に向かって努力していても、合格に至らないこともあります。大学受験は1年の間に、幾度となくチャレンジできるものではありません。
1年に1度のチャンスしかないため、それで合格できなかったら、就職か浪人かどちらか選ばなければいけないこともあるでしょう。浪人して次回のチャンスに賭けるという選択肢を選ぶ人もいますが、浪人を続けるにはある程度の費用が必要となります。

このページの先頭へ